荒おこし、あぜ塗り

なるべく早く起こしたいところですが、土が緩むのを待っての作業なので、だいたい3月後半になります。
荒おこしが終わったら、田んぼのまわりに水を回してあぜ塗りをします。草を抑えるため深水(目標20センチ)にするので、あぜ塗りがとても重要なのです。

この圃場はさらさらの火山灰土なので、塗った後さらに畔シートで補強しています。
標高が高い寒冷地なので、水を温めるために手あぜも作っています。

  • 次へ