メールマガジン
活動予定、会員通信など配信します。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

2008の活動実績

今年度の活動実績は以下のとおりです。

収穫祭

日時:11月29日(土) 午前11時から午後3時
場所:働く婦人の家(佐久市役所近く)
参加費:1000円

大人17人&子供6人が集まりました。
大分赤峰農園産と地元信州産の野菜を使って、手抜きまるごと塩きかせの料理を作り、玄米を炊き、おいしくいただきました。
詳細はこちら

稲刈り会

日時:10月11日(土)、25日(土)9:00〜16:00
場所:東御市
参加費:無料
県内の会員さんだけでなく、県外からもご参加いただき、11日は2反部、25日は1反部を刈りました。
1本植えのイセヒカリは40本以上に分けつしているところもありました。また1本1本が太くたくましく育っていて、収量が楽しみです。

出張問答塾in長野

日時:7月17日(木)18:30〜21:00
場所:長野市トイーゴ 生涯学習センター4F
参加費:1,000円 高校生以下無料
平日の夜にもかかわらず、120名の方にお集まりいただきました。赤峰さんとなずなの塩の古閑社長さんも、夏のお忙しいときにお時間を作っておいでくださいました。ありがとうございます。
100名を超えるマンモス問答塾でしたが、みなさん真剣にお話を聞いてくださり、とてもまとまりのある会になりました。

田植え会

日時:6月14日(土)9:00〜16:00
場所:東御市
参加費:無料
総勢16名が集まり、循環の苗を手で植えました。
大変な作業も、大勢でやると楽しいことを実感しました。お昼はすがすがしい風の中、持ち寄ったお弁当を広げていただきました。とてもおいしかったです。
7月中まで、東御市で田植えをしていますので、お手伝い随時募集します。事務局までお問い合わせください。

堆肥作りの会

○積み上げ
日時:3月22日(土) 10:00〜16:00
場所:佐久市内山の会員さんの畑
参加費:無料
持ち物:昼食、作業のできる支度
循環農法の要である「草堆肥」を作る体験会を行いました。
大分のなずなさんで堆肥作りの経験がある4名の指導により、萱の刈り取り&粉砕、積み上げ作業をしました。
作り方は赤峰さんの著書「循環農法」に書いてありますが、水加減と材料の割合が難しく、体験がとても大事だと感じました。
○1回目の切り返し
日時:4月19日(土) 10:00〜15:00
場所:佐久市内山の会員さんの畑
参加費:無料
持ち物:昼食、作業のできる支度
3月に積み上げた草堆肥を、くずして再び積み上げる作業をしました。当日の朝、飛び入りで4名が参加してくださり、賑やかな会になりました。発酵具合はまぁまぁ。水分が偏ったのか、発酵が進んでいるところとそうでないところがありました。上手く発酵すると、良い香りがするそうですが、ちょっと酸っぱい臭いでした。崩した後良く混ぜて、再び高く積み上げました。5月24日に2回目の切り返しの会をします。
○2回目の切り返し
日時:5月24日(土) 10:00〜15:00
場所:佐久市内山の会員さんの畑
参加費:無料
持ち物:昼食、作業のできる支度
2回目の切り替えしをしました。松本市から1名、新潟県は燕市からご夫婦が参加してくださり、にぎやかな会になりました。堆肥の切り替えしの後、100坪ほどの田植えもしました。循環の苗ではありませんでしたが、田んぼに入って手で植える感触を楽しみました。作業後はおいしい昼食をいただきながら、自己紹介。楽しい会でした。

赤峰勝人ハーフディセミナーin松本

日時:1月20日(日)13:00〜17:00
場所:長野県松本文化会館 中ホール
参加費:前売1,000円、当日1,500円、高校生以下無料
ハーフディセミナーと銘打った講演会を行いました。
スタッフ39名、参加者563名の総勢602名が集まり、熱心に赤峰さんのお話を聞きました。用意した本やビデオもほとんど売り切れる盛況ぶりで、約1年間準備をしてきた実行委員の労が報われた気がしました。 アンケートもたくさん書いていただきました。皆様のお声を少しでも反映して、より良い活動に続けて行きたいと思います。
講演会のDVDも現在準備中です。しばらくお待ちください。

問答塾

日時:1月19日(土)15:00〜17:00
場所:信州穴沢温泉 松茸山荘 別館東山館
参加費:3,000円(懇親会含)
「問答塾」とは、赤峰さんの著書である「ニンジンから宇宙へ」を読んで、赤峰さんに直接質問できる会です。大分のなずなさんでは、毎月第4日曜日に行われています。今年は特別に、信州で開催しました。
当日は36名が集まり、熱心に話を聞きました。
問答塾後の懇親会では、信州なずなの会の発起会も行われ、最後は全員で「エイエイオー」。会長、副会長も任命され、信州なずなの会が元気に産声を上げました。